親に婿養子でなければと言われて

音楽大学のピアノ科(短期)を卒業して、いま某ピアノ教室のインストラクター(教師)をしている二十三歳の独身女性です。三年間やってピアノ教授法のノーハウをだいたい身につけたので、今年中には自宅で自分のピアノ教室を開きたいと思っています。私は一人っ子ですが、自分としては両親から独立して生活していきたいのですが、将来を誓ったS君(二十三歳)と知り合ったとき、両親から「土地財産はお前に全部譲るから家を出ないでほしい。おムコさんを養子として迎えたい」と言われました。いろいろ考えたすえ、両親の言葉に従うことに決めました。しかし、まだS君と将来を誓ったとは両親に言っていません。S君は高校時代の同級生で、東京の有名私大を卒業したのですが、東京で就職できず親元に帰って、家業(酒屋)を手伝っている状態です。彼が就職できるまで両親には打ち明けないほうがいいと思うのですが…。

〈回答〉「彼が就職できるまで」と書いておいでですが、S君は、家業を継ぐ気持ちはなく、ただつなぎで手伝っているだけで、なるべく早く転職する方針なのでしょうか。その意向をS君のご両親は承知なのでしょうか。また、そうだとして転職は有望な状況ですか。さらに転職したら養子になってくれることを彼はあなたに約束しているのですか。右のことを二人で徹底的に話し合い、目標と進路をキチッと定めることが、まず第一に必要です。あなた方は、たびたびデートをしておいででしょうが、ただ楽しんでいるだけでは駄目で、将来を大いに語り合い、設計を立てなくてはなりません。そして、りっぱな見取図が描けたら、実現に向かって、文字どおり二人三脚で雄々しく歩拳出してください。知人や先輩などをたよって良い就職先を開拓する。S君とあなたの両方のご両親に真情を吐露し、了解を得る。あなた方の設計図が「なるほど」と思わせるものであり、あなた方の愛情が真剣さを感じさせるものであるならば、両方のご両親は、いたずらに反対はなさいません。多少の犠牲はしのんでも、あなた方の前途を祝福し、協力や援助をしてやろうという気になってくださいます。これに反し、進路をあいまいのままにしておくと、いずれ、あなたとS君との間にトラブルが生じます。暗礁に乗り上げてから両方のご両親に打ち明けても、それぞれの立場がありますから、互いに態度を硬化させるだけです。早く取り組むよう、お勧めします。幸せな結婚生活を求めているならここがスタートラインです。

出典元: