とりあえず男の体にさわってあげる

とてもうまくさわってくる女性。そういうのに、男は弱い。さわられて嫌がる男は、まずいないと僕は思う。スキンシップこそ、男を攻める基本アイテムなのです。さわるところは、どこでもいい。軽くなら、腕でしょうか。もっと積極的なタッチだったら、ふとももなんて、特にペスト。そんなふうにされたら、男はもうたまりません。また、テーブルの下の足に足でタッチするなんていうのも、かなりエッチっぽくて男はドキドキします。髪の毛というのも、意外な盲点です。それはもう完全な愛情表現だと言えるでしょう。そして、どこをさわるにしても、自然にさりげなくがいい。ベタペタさわるのではなく、あっさりとさわる。その方がずっと効果があります。自然にさりげなくが難しいですが、習得するには経験するのが一番です。経験するなら1度挨拶を交わした男性には、次は自分から挨拶する仕事の取引先の男性でも、同じ会社にいても部署が違ったりしてそれまで知らなかった男性でも、とにかくそれまで親しくなかった男性に挨拶をされたら、次からは自分の方から挨拶するのが、相手から好感を持たれるコツです。ところが、絶対に自分の方からは挨拶しない女性もいます。そして、相手の男性が挨拶すると挨拶をします。男の側からすると「この女、何様なんだ」ということになります。また「僕と挨拶するのがそんなに嫌なのか」と、女性の態度をいい方に取りません。ソンな女性です。男性と知り合うせっかくのチャンスを逃しています。男性と知り合うきっかけがないと嘆く女性は、挨拶を自分の方からしていないのです。

出典元:安心 出会系