既婚女性の重要な働き方

これらの試みは、フリーランサーや小規模の起業というものがはらむ弱点をも映し出しています。規模が小さいから仕事の情報がない、仕事が大量にきたときにこなす能力がない、営業や管理、福利厚生、年金など、「会社」が当然のように引き受けていたことを、小さい組織でこなさねばならず、いきなり一人で飛び出したときには、その部分で苦労が多い、などです。一部の「超人フリーランサー」や「起業の星」の時代が終わり、フリーランサーが大衆化する(せざるをえない)かもしれない近未来を控え、ネットワークとは重要なかぎです。ネットワークを上手にマネジメントできれば、今の「会社」にとって代わる新組織の誕生にもつながるかもしれないのです。こうした動きは、実は世界的な流れでもあります。九六年六月、「家内労働条約」と勧告が採択されました。「労働者=正社員」という発想の抜けきらない大手メディアの扱いはひどく地味で、内職者や在宅ワーカーの多くが女性にとって重要な働き方であったことから、関心を持ったのは主に生活面・家庭面の記者たちでした。しかし、この条約と勧告は、「働く」ということの定義が、単に「会社という場所で」「正社員という待遇で」というにとどまらず、「家庭での内職や自宅での請負仕事」にまで及んできたことを示すものでした。日本はまだ批准していませんが、勧告には、家庭内を仕事場とする働き手でも、仕事を発注する側との関係が、会社と社員に準ずるようなものであれば、労働組合をつくって交渉できる権利や、母性保護の権利、賃金の計算法をはっきり示して不当な買いたたきをさせない、などが盛り込まれていました。コミュニケーションは大切です。出会った結婚相手であってもコミュニケーションが出来ていないと幸せな時間は長くは続きません。

出典元:
DY048_L

結婚後フリーランスで働く

佐々木さんは通訳です。何人かの通訳がチームで仕事をするときなどに、面倒見のいい佐々木さんが賃金の受け取りの取りまとめなどを担当するようになりました。そのとき、「フリーの通訳・翻訳家のギルド(同業者組合)のようなものをつくれないか」と佐々木さんは考えました。仕事の受注、賃金の管理などの様々な実務の部分をまとめ、ひとつの会社として管理するフリーの通訳・翻訳家ネットワーク会社とでもいったものを立ち上げては、と思いついたのです。ネットワークを会社にする、というユニークな発想でした。地方都市などに移住した人でも、仕事の多い東京にある佐々木さんの会社が注文取り(営業)の部分を担当し、仕事を回してもらえば、ある程度の収入を確保できます。地方都市は生活費が安いので、東京の価格水準で仕事が入ってくれば何とか食べていけ、田園生活を楽しめます。東京都の深谷映子さんも、もう少し小規模に、同じようなネットワークをつくりました。会社のパンフレットの原稿をワープロに打ち込むなど、パソコンソフトづくりを自宅で行っている深谷さんは、一人だけでは大量の注文を引き受けられず、そのため有利な仕事があっても、ためらってしまうことに気づきました。約二十人の同じような状況の女性たちとネットワークをつくり、仕事が間に合いそうもないときは注文を分け合って納期に間に合わせるなどの方法を考えつきました。営業は深谷さんが担当し、見返りに一定の割合の営業料を受け取ります。これで、かなり急ぎの注文にも応じられるようになり、強気の価格交渉もできるようになりました。結婚に悪いイメージを持っていても、一歩踏み出してください!結婚相手を探せば、あなたに合った探し方も探せるので不安や悩みも解決してくれるサービスを見つけられます。

参考:
DY041_L

結婚生活を円満に

また、夫が喜ぶような行動に多くの時間をさくことで、それらの友人と一緒になる時間を減らすことを考えます。たとえば、ご馳走を作ってあげるために、ストアに買い物に行くとか、料理するためにキッチンにいる時間を長くするとか、あるいは、来訪の時間に外での用足しをするように、予め決めておくといった手もあります。隣りの部屋で自分の好きな本を読んでいたっていいわけです。
いずれにせよ、その友人のことで夫に敵意をぶつける代わりに、自分の気持ちや、願望を夫に告げればよいのです。「あなたにはいいかもしれないけど、私にはあの人たちをどうも好きになれないので、どうしても、いなきゃならない時は別だけど、できるだけ一緒にいなくてすむようにしたいんです。分かってもらえますね」って。あなたが、嫌いであることの正当性を議論する必要はありません。
あくまでも、それは個人的なことですから。
ところで、夫の友人との問題が深刻であるとか、そのことで夫とよく言い争うといった状態があって、しかも、それが、あなた方二人の関係の問題を反映したものでないと考える場合には、専門家の介入を仰ぐ必要があると思います。一、二回のセッションの話し合いで問題の原因が明らかになると思います。
楽しい人づき合いができるかどうかによって、夫婦の関係は変わります。一緒に楽しく遊ぶことで、結婚当初に味わったロマンチックな思いをふたたび抱くことができるのです。インスタントに幸福を求めることに没頭していると、人生の大事な知恵を忘れてしまいます。「笑いは人生の妙薬」と言った古人の知恵を。これから出会う結婚相手との関係が難しくなったとき、この話を思い出してください。


参考:
DY027_L

夫との問題

・彼は、私が話をしたい時に、無視する。
・私のプライバシーに関することを他人に話すことがある。
・私の過去の過ちをよく話題にする。
・暗に離婚をほのめかす。
・ほとんど、自分の気持ちを私に話さない。
・強く迫らない限り、「アイ・ラブ・ユー」を言わない。
・私の喜怒哀楽の感情に無関心のように見える。
・完壁な人間であるかのように振る舞う。
これらの項目のうち、どれ一つであっても該当する場合、とくに、そのような状態が多いと思われるようであれば、夫の友人に対する反感は、あなたと夫との間の問題の反映であるという可能性が高いでしょう。そのことが事実であると分かった場合には、まず、夫との問題を解決することが先決です。もちろん、純粋に夫の友人の性格や態度が問題で好きになれないということもあるわけです。そういう場合には、<段階的撤退>プログラムを応用なさるとよろしいでしょう。要するに、その友人と接触する機会を最小限にとどめておくのです。どうしても避けられない場合には、これまでにいく度もすすめてきた<意図的自己教示>の方法で、自分に言い聞かせます。たとえば、「あの人たちとしばらく一緒にいることは、夫との関係を維持するために払わなきゃならない税金みたいなものだ!」って。さらに、それらの人たちと一緒にいる時のあなたの会話の量を徐々に減らすというのも一つの手です。面倒見が良いオンナはモテます。あなたも頑張ってパートナーを見つけましょう。

出典元:
DY026_L

夫の友人に悩まされる妻

MIX46053

ゲイルの場合
夫の友だちがなかなか好きになれなくて困っています。一人は女みたいで、一人は酒飲みなのですが、一緒に行動するのがいやでたまりません。夫にはつれなくするなって言われます。どうしたらよいでしょうか?
前にも紹介したゲイル(妻をまるでメイドのように扱う夫の悩みで相談に来た女性)が、別の悩みで相談に来ました。
「夫の友だちがなかなか好きになれなくて困っているんです。とくに、テニス仲間の二人がどうも好きじゃないんです。一人は女みたいで、もう一人は酒飲みなんです。一緒に行動するのがいやなんですよ。でも、家に来た時には、そんなにつれなくするなって、夫に言われるんですね。他の友だちにはいいんですが、どうも、この二人には我慢できないわけ」
夫婦が、自分の世界をお互いに分かち合いたいと願うのは当然です。しかし、友人関係を分かち合うことはそう簡単にはいかないものです。すべての夫の友人が、あなたの友だちになれるものでもなく、また、その逆もしかりです。
あなたも、このゲィルと同じような問題で悩んでいるなら、ゲイルにすすめたことを、あなたもやってみたらどうでしょう。
まず、ゲイルは、夫の友人に抱いている反感は、その友人に対するものなのか、それとも、夫との間にある問題が転移したものかどうかを吟味することにしたのです。「坊主憎けりや、袈裟まで憎い」といった心理が夫の友人に抱く反感の原因となっているかどうかを確かめるわけです。
そこで、次に記す文章を読み、「心情的親密感」と「忠誠心」の二つの観点から、それらの文章が、該当するかどうかを調べてみます。(このエクササイズはスコアをとりません)
まず相手がいないと、何もできないので、相手を探してください。

参考:結婚相談所 比較

結婚したいのですが彼の家柄とうちとは不釣り合いだと父が反対します

wc01021

私(二十四歳)の家は裕福で、いままで何不自由なく暮らしてきました。大学も出してもらって、それから二年間働いています。父は、働かなくてもいいと言いますが、家事手伝いだけではつまらないので、一応自分で決めました。いま、会社の同じ年の同僚と交際していて、できれば結婚したいと思っているのです。ところが、父はその人の家柄があまりにもうちとは不釣り合いなので大反対。強行するなら経済的援助はしないと言います。いままでお小遣いを使い放題の私に、給料も安い彼との生活など絶対長つづきしないと、両親は言うのです。けれど二人は真剣なのです。私もいままでのぜいたくはやめて働くつもりです。そう思っていてもいま一つ自信がありません。彼が出世をするのを待って、もう一度両親を説得すべきなのでしょうか。

〈回答〉結婚問題に”家柄”のことを持ち出すお父さんは、その限りにおいては古いと言わなければなりません。しかし、お父さんの真意は、家柄というよりも、当人の収入、つまり経済力にあるのだろうと思われます。ぜいたくに暮らしてきた娘を結婚させたら「長つづきしない」というご両親の懸念は、的中しているのでしょう。昔から”子を見ること親にしかず”と言われていますが、親は、子の欠点や弱点を案外、的確に見抜いているものです。それゆえ、「そう思っていても、いま一つ自信がありません」と書いておいでのことでもあり、結婚は見合わせてはいかがですか。一時の情熱で結婚しても、長い長い日含の暮らしの中で、その情熱は、経済的なひっぱく、耐乏によって少しずつむしばまれ、しぼんで行きやすいのです。「彼が出世するのを待って」とも害かれていますが、何年先のことやらわかりません。夢を馳せていないで、現実を見つめるべきです。しかし、「いや、どうしても彼と結婚したいのだ」という強固な願望がおありなら、彼と話し合って、何年も先まででなく、一年の猶予期間を置き、その間、ご両親からの金銭の援助を謝絶するのはもちろん、お母さんにあなたの食費その他を払い、あなた自身の収入だけで生活してごらんなさい。それでネを上げず、やり通せたら、あなたの決意は、ほんものですし、その暁には、ご両親もおのずと考えを変えてくださいます。どうです、実行を開始してみますか?ちなみに、自分に合った結婚相手探しはたくさんの方々から選んでみてはいかがでしょうか。

参考:

彼がいるのに父の知り合いと結婚してくれと父に懇願されました

wc01022

私(二十四歳)は、短大を出てすぐ父の経営する不動産会社(父と営業マンと母の三人)に、強制的に母の代わりとして経理を任されました。父は仕事以外は自由にやらせてくれましたが、結婚のことはワシに任せろ、とつれ日ごろから言っていました。私には交際している男性がいるのを知っているのにです。そして先月、ある金融関係の方三人の接待につきあわされ、その中の若い男性と、ワシを助けると思って結婚してくれ、と言うのです。帰宅してからも父は「ワシを助けてくれ」と床に手をついて頼むので、交際だけは承知しました。そうしたらいきなり強引に婚約です。私は、それだけは待ってほしいと、こんどは私が頭を下げて頼みましたが聞いてくれません。なんと母までが涙を浮かべつつも私に婚約を勧めるのですが……。

〈回答〉こういう重大な問題は、冷静に理知的に対処していかなければなりません。親と子の間で、頭を下げられたり下げたりとか、涙を浮かべたりとか、情緒的・感情的な方向に流してしまってはいけません。そもそも、お父さんが望まれる男性と結婚すると、どういうメリットが生じるのか、具体的にくわしく聞き出してください。多分、商売上の目先の利益なのでしょう。そんなことで、娘をいちいち結婚させていたら、娘は五人いても十人いても足りないはめに将来、陥るでししかし、「こんなことで私に身売りさせる気か」と単純に頭にきてはダメです。そうではなく、両親にいかに近視眼的であるかを知的に理解させ、この程度のメリットを得るには他にどういう手段・方法をとるとよいかを親子三人で建設的に協議してください。この協議には、親戚や知人でものごとの理非曲直をわきまえている人を加えても、けっこうです。他方、あなたは、現在交際中の男性が反動的にすばらしい人と思えてくるでしょうが、こ
れも冷静に判断すべきです。彼と比較して、押しつけられた男性は夫としてふさわしくないと極めつけるのも早計です。行きがかりや先入観を捨て、虚心に観察してみることも必要です。彼もこの男性も二人とも夫には不適という結論もあり得ます。とにかく最終的に決定するのは本人です。この大原則が貫かれない場合は、家出するも可ですが、その前に建設的合議を尽くしてください。自分の結婚は自分で決めるという方結婚相手を探せます。ぜひご覧ください。

出典:結婚相談所 選び方

親に婿養子でなければと言われて

wc01023

音楽大学のピアノ科(短期)を卒業して、いま某ピアノ教室のインストラクター(教師)をしている二十三歳の独身女性です。三年間やってピアノ教授法のノーハウをだいたい身につけたので、今年中には自宅で自分のピアノ教室を開きたいと思っています。私は一人っ子ですが、自分としては両親から独立して生活していきたいのですが、将来を誓ったS君(二十三歳)と知り合ったとき、両親から「土地財産はお前に全部譲るから家を出ないでほしい。おムコさんを養子として迎えたい」と言われました。いろいろ考えたすえ、両親の言葉に従うことに決めました。しかし、まだS君と将来を誓ったとは両親に言っていません。S君は高校時代の同級生で、東京の有名私大を卒業したのですが、東京で就職できず親元に帰って、家業(酒屋)を手伝っている状態です。彼が就職できるまで両親には打ち明けないほうがいいと思うのですが…。

〈回答〉「彼が就職できるまで」と書いておいでですが、S君は、家業を継ぐ気持ちはなく、ただつなぎで手伝っているだけで、なるべく早く転職する方針なのでしょうか。その意向をS君のご両親は承知なのでしょうか。また、そうだとして転職は有望な状況ですか。さらに転職したら養子になってくれることを彼はあなたに約束しているのですか。右のことを二人で徹底的に話し合い、目標と進路をキチッと定めることが、まず第一に必要です。あなた方は、たびたびデートをしておいででしょうが、ただ楽しんでいるだけでは駄目で、将来を大いに語り合い、設計を立てなくてはなりません。そして、りっぱな見取図が描けたら、実現に向かって、文字どおり二人三脚で雄々しく歩拳出してください。知人や先輩などをたよって良い就職先を開拓する。S君とあなたの両方のご両親に真情を吐露し、了解を得る。あなた方の設計図が「なるほど」と思わせるものであり、あなた方の愛情が真剣さを感じさせるものであるならば、両方のご両親は、いたずらに反対はなさいません。多少の犠牲はしのんでも、あなた方の前途を祝福し、協力や援助をしてやろうという気になってくださいます。これに反し、進路をあいまいのままにしておくと、いずれ、あなたとS君との間にトラブルが生じます。暗礁に乗り上げてから両方のご両親に打ち明けても、それぞれの立場がありますから、互いに態度を硬化させるだけです。早く取り組むよう、お勧めします。幸せな結婚生活を求めているならここがスタートラインです。

出典元:出会い系 サクラいない

男性の好みの幅が広い女性はモテる

wc01026

実際には別にどちらかが先というのではなく、お互い同時に挨拶する感じです。ところが、挨拶しない女性は、こちらが挨拶しないかぎり→絶対に自分からはしてきません。そんなのでは、モテるわけがありません。男女が知り合うきっかけなんて、このケースのようにささいなことなのです。その小さなきっかけを大切にできないようでは、いつまでたっても異性とつきあえないでしょう。「わたしの好みの男性は」と、得意に語り出す女性がいます。しかも、その好みの条件というのが、とても狭いものです。身長がどうだとか、顔がどうだとか……。反対に、「わたしは、はっきりと好みを決めてないわ」と、言う女性もいます。どちらがモテ女でしょうか?答えはきまっています。好みの幅が広い後者の女性です。好みの狭い女性だとわかれば、男たちはその女性に近寄ろうとしません。好みのタイプの男性をのぞいては。あまりにもシンプルな事実です。反対に、あの女性は好みをうるさく言わないとわかれば、多くの男たちが彼女に近づいて来ます。好みほどあてにならないものはありません。お金持ちの男とつきあいたいと思えば、好みなんかあっさりと変えられるのです。好みの条件はお金持ちということになるのだから。ですから、好みをあまりにも厳密に決めるのは、とてもソンなことだと思います。素敵なパートナーを探しているならこちらなら、たくさんの異性から探すことができますので、きっと好みに合った方に巡り合えるかと思います。もしも、会った後に合わないと感じてもまだまだたくさん登録されておりますので、引き続き探してみてください。

参考:

とりあえず男の体にさわってあげる

wc01028

とてもうまくさわってくる女性。そういうのに、男は弱い。さわられて嫌がる男は、まずいないと僕は思う。スキンシップこそ、男を攻める基本アイテムなのです。さわるところは、どこでもいい。軽くなら、腕でしょうか。もっと積極的なタッチだったら、ふとももなんて、特にペスト。そんなふうにされたら、男はもうたまりません。また、テーブルの下の足に足でタッチするなんていうのも、かなりエッチっぽくて男はドキドキします。髪の毛というのも、意外な盲点です。それはもう完全な愛情表現だと言えるでしょう。そして、どこをさわるにしても、自然にさりげなくがいい。ベタペタさわるのではなく、あっさりとさわる。その方がずっと効果があります。自然にさりげなくが難しいですが、習得するには経験するのが一番です。経験するなら1度挨拶を交わした男性には、次は自分から挨拶する仕事の取引先の男性でも、同じ会社にいても部署が違ったりしてそれまで知らなかった男性でも、とにかくそれまで親しくなかった男性に挨拶をされたら、次からは自分の方から挨拶するのが、相手から好感を持たれるコツです。ところが、絶対に自分の方からは挨拶しない女性もいます。そして、相手の男性が挨拶すると挨拶をします。男の側からすると「この女、何様なんだ」ということになります。また「僕と挨拶するのがそんなに嫌なのか」と、女性の態度をいい方に取りません。ソンな女性です。男性と知り合うせっかくのチャンスを逃しています。男性と知り合うきっかけがないと嘆く女性は、挨拶を自分の方からしていないのです。

出典元:出会いがない 社会人